FC2ブログ

ささき歯科医院 NEWS

迷わない

皆さんは、病院に行かなければならないと思った時は、どのようなプロセスで行く病院を決めますか?

たとえば、風邪をひいた時は通常内科に行きますよね!!でも、咳や喉の症状が強い時は耳鼻科にいった方が良かったりする訳です。目に異常を感じたら眼科に行きますよね、絶対皮膚科に行く事はないはずです。ところが、歯科の場合ですとそういうことが起こるのです。歯科医学にも、医科と同様に様々な区分がされています。例えば、根の治療をする歯内療法、歯槽膿漏の治療をする歯周治療、噛み合わせを作ったり調整したり、冠や義歯を作る補綴治療、歯並びを治す矯正治療、子供たちの歯を治療する小児歯科治療、外科を専門にする口腔外科などに分けられています。大学病院にいくと良く判ります。歯科というひとくくりで、見ていますから、どこでも同じ治療内容を受けられると認識しています。確かに、それはそれで便利な部分もあるのでしょうが、弊害も起きてきます。アメリカを例にすると、アメリカには一般開業医と専門医に区分されています。当然治療内容とレベルには歴然とした差があり、患者さんは一般開業医から専門医に紹介されて受診したり治療後は、また開業医の所に戻ってきたりして、満足のいく結果を得ているようです。

日本には、専門医制がありませんから歯科の場合は病院の選択がその後の結果に影響を与えてしまいます。これらの事については、数年前に出版された書籍に書きました。

手前味噌になってしまいますが、私が何故、補綴指導医・専門医や、インプラント専門医そして歯周病専門医の資格をとったかというと、迷路に入り込まないように方向を指し示してあげることができるようにという想いからです。ひとつの解決策として、サイトを立ち上げました。このサイトには、そういう情報が得られるようにしていきます。まだ、完成ではないので不十分な所も多いのですが皆さん期待していて下さい。私が主宰する歯科医師の勉強会の情報も入れて安心できる歯科医院の選択の一助になればと思っています。http://www.morioka-implantcenter.com/ アクセスしてみてください。


スポンサーサイト



| トラックバック:0 |
| ホーム |